固定ページ

イオンより配当金と短期売買、先週比の資産推移(2020/10/30現在)

いよいよ来週3日は米大統領選を迎えます。この大統領選を意識する格好で、NY市場は連日の下落となっており、比較的底堅く推移していた日経平均株価も週末に急落してしまいました。

トランプさんとバイデンさんのどちらが勝つかももちろんですが、今回の大統領選の特徴は「いつ決着がつくか」が高い関心を集める異例の展開となっております。それだけ大接戦になっているということでしょうか。いつ決まるかがわからないことがリスクオフに拍車をかけているようなので、もうどちらが勝者になっても、決まってしまえば一時的に株価は上昇するのではないかなと思います。

コロナのほうもフランスが12月1日まで完全ロックダウンを行うなど、不安な状況になってきました。米大統領選は短期的なものなのであまり気にしていないですが、コロナは長期的な問題ですので再び下落相場が訪れるのか、戦々恐々としています。

今週も分配金が入ってきました。この地合いで、ちょっとでも買い付け余力が増えるので嬉しいですね。

*スマホの方は横画面にしていただけると見やすくなると思います。

銘柄株数一口当たりの配当金入金額
8267イオン100株18円1,800円
NISA口座と特定口座合算で、税引き後の入金額
今週のスイングトレード損益

今週は539円の利益(税引き前)でした。
2020年4月から始めて、現在までに137,236円(税引き前)の利益です。
auカブコム証券のフリーETFであるiS J リートETF(1476)やiS TOPIX ETF(1475)、iS米国リートETF(1659)、iS S&P500米国株ETF(1655)などをメインにトレードしています。
トレードのセンスはありませんので少額から始めて徐々に回転資金を増やしています(現在の自己資金は150万円に増額)。
得られた利益は長期配当金再投資用の資金に回します。

今週は難しかったですね。ほとんど利益確定できず、買っても買っても含み損がさらに大きく膨らむ負のサイクルに突入していました。

続いて先週比の資産推移です。

*私の場合、売買益や配当金が発生したときに即座に再投資されたものとしているので自己資金投資額が減少する計算にしています。 含み損益が良くなるか不労所得を得ることで成績は良くなります。

先週より評価額から自己資金投資額を引いた金額(現在儲かっている金額)は298,086円減少して、-193,790円になりました。

今週は30万円近くも減少し、わずか一週間で私の給料総支給以上に資産が減りました。そして10週ぶりにマイナス圏に再突入しました。今は気が滅入ってしまいますが、このしんどい時でも投資を継続して将来大きな果実を収穫できるように頑張っていきます。

評価額と自己資金投資額の積み上げ面グラフです。黄色の評価額青色の自己資金投資額を上回っていることが理想です。

現在は自己資金を増やして資産を増やしているフェーズですが、そのうち配当金やスイングトレードの利益のみで資産が増えるようなフェーズに辿り着きたいです。

明日株価が上がるか下がるかわからないけれど、市場に居続ければ必ず勝てると信じていますので、来週からもへこたれず、頑張っていこうと思います。