固定ページ

分配金の入金と短期売買、先週比の資産推移(2020/10/23現在)

佳境を迎える米大統領選ですが、トランプ大統領とバイデン氏の最後の直接対決となるテレビ討論会が開催されました。その結果に対しては、五分五分で選挙情勢に与える影響は限定的との見方が出ているようです。大統領選が終わっても勝敗が判然とせず、ゴタゴタが続く可能性があることが警戒されているため、積極的な売買は見送られ足もとで売買代金の2兆円割れが続いています。来週も薄商い状態が予想されています。

東証マザーズ指数の急落も警戒されていますが、「これまでの急伸の反動安」との見方が多く、一時1,200ポイント割れまで売られたことで、目先の調整は一巡したとの見方も出ているようです。マザーズ銘柄はあまり保有していませんが、東証一部のカナミックN(3939)など最近堅調だった銘柄も売り込まれています。成長株だと思いますので、良いタイミングで買いたいなと考えています。

また、来週から決算発表が続々と出てきます。無事通過することを祈っています。。。

今週も分配金が入ってきました。

*スマホの方は横画面にしていただけると見やすくなると思います。

銘柄口数一口当たりの分配金入金額
1555上場AリートETF340口9.4円3,196円
1566上場EM債ETF5口370円1,850円
3455ヘルスケア&メディカル投資法人1口3,240円3,240円
合計8,286円
NISA口座と特定口座合算で、税引き後の入金額

ヘルスケア&メディカル投資法人はこれからどんどん深刻になる高齢化社会でもっと注目を浴びてよいJリートだと思います。

下の記事はこれからの高齢者人口の増加とヘルスケア&メディカル投資法人について記事にしています。合わせてお読みください。

今週のスイングトレード損益

今週は6,324円の利益(税引き前)でした。
2020年4月から始めて、現在までに136,697円(税引き前)の利益です。
auカブコム証券のフリーETFであるiS J リートETF(1476)やiS TOPIX ETF(1475)、iS米国リートETF(1659)、iS S&P500米国株ETF(1655)などをメインにトレードしています。
トレードのセンスはありませんので少額から始めて徐々に回転資金を増やしています(現在の自己資金は140万円)。
得られた利益は長期配当金再投資用の資金に回します。

続いて先週比の資産推移です。

*私の場合、売買益や配当金が発生したときに即座に再投資されたものとしているので自己資金投資額が減少する計算にしています。 含み損益が良くなるか不労所得を得ることで成績は良くなります。

先週より評価額から自己資金投資額を引いた金額(現在儲かっている金額)は33,187円減少して、+104,296円になりました。

評価額と自己資金投資額の積み上げ面グラフです。黄色の評価額青色の自己資金投資額を上回っていることが理想です。

現在は自己資金を増やして資産を増やしているフェーズですが、そのうち配当金やスイングトレードの利益のみで資産が増えるようなフェーズに辿り着きたいです。

明日株価が上がるか下がるかわからないけれど、市場に居続ければ必ず勝てると信じていますので、来週からもへこたれず、頑張っていこうと思います。