固定ページ

配当金の入金と短期売買、先週比の資産推移(2020/7/3現在)

米国では相変わらず新型コロナウィルスの感染拡大が止まりません。日本でも東京都で3日、新たに124人の新型コロナウイルス感染が確認されました。前日の107人に続き、連日で100人を超えています。しかし、これ以上景気が悪化するのを防ぐために、東京都も政府も新たな感染対策を出そうとしません。結果的に流行が長引き、景気回復も遅れそうな気がします。

一方で株式市場というと、ITや半導体などハイテク株は成長が見込まれるドライバーとなっているため、意外と粘り腰を見せています。

しかし、コロナ禍は収まりを見せず長引くことで投資家心理は冷え込みますので、来週も厳しい展開ではなかろうかと思います。

長期的にみるとコロナウィルスにも打ち勝って、米国株式は最高値を更新すると思いますが、そのときはさらに先延ばしになりそうです。

配当金を目的とした株式長期保有で、買付しか行わない戦略では含み損益がプラスに戻るまで我慢の期間がとても長くなりそうです。市場が乱高下するならスイングトレードも有効かなと思い、少しチャレンジしています。まだ挑戦したことない方は自分の引き出しを増やすためにもお試ししても良いかもしれません。

今週のスイングトレード損益

今週は800円の利益(税引き前)でした。
2020年4月から始めて、現在までに22,966円(税引き前)の利益です。
auカブコム証券のフリーETFであるiS J リートETF(1476)やiS TOPIX ETF(1475)、iS米国リートETF(1659)、iS S&P500米国株ETF(1655)をメインにトレードしています。
それに加えて今週は、NF外国株(2513)、NF外国リート(2515)、MXS Jリート(1597)を売買しました。利益が乗っているときにしか売却しないので軟調な相場ではあまり利益確定できません。
トレードのセンスはありませんので少額(自己資金40万円に増額)の資金で回しています。
得られた利益は長期配当金再投資用の資金に回します。

また、今週も配当金が入ってきました。

*スマホの方は横画面にしていただけると見やすくなると思います。

銘柄株数一口当たりの配当金配当金
9324安田倉庫200株14.5円2,900円
6356日本ギア工業200株3円600円
9364上組100株23円2,300円
合計5,800円

6月は私にとって多くの配当金が入っていました。これからも配当金額の綺麗な右肩上がりの図を描けるように頑張っていこうと思います。

続いて先週比の資産推移です。

*私の場合、売買益や配当金が発生したときに即座に再投資されたものとしているので自己資金投資額が減少する計算にしています。 含み損益が良くなるか不労所得を得ることで成績は良くなります。

先週より評価額から自己資金投資額を引いた金額(現在儲かっている金額)は64,214円減少して、-432,437円になりました。

評価額と自己資金投資額の積み上げ面グラフです。黄色の評価額青色の自己資金投資額を上回っていることが理想です。

明日株価が上がるか下がるかわからないけれど、市場に居続ければ必ず勝てると信じていますので、来週からもへこたれず、頑張っていこうと思います。