固定ページ

2020年上半期の受取配当金と株主優待、ポートフォリオ(2020/6/30現在)

2020年も半分が終わってしまいました。今年の上半期は新型コロナウィルスが世界を席巻し、経済はボロボロ。未だに感染者数は加速度的に増え続け、感染者数1000万人、死者50万人を超えています。未だに先が見えず、投資を続けていても不安ばかり募ります。

しかし今まで何度も経済危機は訪れましたが、その都度打ち勝ってきて、長期で見ると右肩上がりです。米国株式は過去200年で93万倍にもなっています。今回のコロナウィルスにも打ち勝てると信じています。

配当金

配当金で生活することを目標とし、10年後から振り返ると今の株価は激安だということを信じて積極的に資金投下しています。下の図は月別の受け取った配当金です。

配当金は株式の枚数を増やせば増やすほど比較的安定して増やすことができます。長期的にみると昨日今日の数百円の差を気にするより、枚数を増やすことに注力することで配当金の右肩上がりの図を誰でも描けます。上半期は前年比の月別配当金額をすべて上回ることができました。ただ、上半期にいただいた配当金はコロナ禍前の業績から支払われたものなので、下半期はこう順調にいかないだろうと思っています。

年別配当金で見るともう少しで去年1年間でもらった配当金額を超えそうです。8月には去年を超えることができるかもしれません。

株主優待

*スマホの方は横画面にしていただけると見やすくなると思います。

獲得日銘柄内容相当額
2020/4/15イオンキャッシュバック4,905円
2020/4/17日本たばこ産業カップ麺24個4,500円
2020/6/18日本取引所グループクオカード1,000円
2020/6/29安田倉庫おこめ券1㎏×4枚1,760円
2020/6/29グローブライドクオカード2,000円
合計14,165円
2020年上半期獲得した株主優待

上の図は2020年上半期で獲得した株主優待です。株主優待を目的とした投資はしていませんが、貰えると嬉しいです。配当金は基本的に再投資していますが、株主優待は日々の生活をちょっと贅沢にすることに使っています。また株主優待は奥さんの機嫌取りにも最適なことが判明しました。

ポートフォリオ

*スマホの方は横画面にしていただけると見やすくなると思います。

 銘柄保有株数平均買付単価買付金額(円)増減枚数
1343REIT-ETF101,89318,930
1348MXSトピックスETF401,70568,180+10
1475iSトピックスETF251,64641,150+25
1357日経ダブルインバース型ETF0-15
1476iSJリートETF551,78798,290+22
1550MXS外株ETF702,362165,360+20
1555上場AリートETF3201,502480,760+50
1557SPDR500ETF328,07384,219-2
1566上場EM債ETF547,860239,302
1595NZAMJリートETF501,75387,670+30
1597MXSJリートETF401,73469,360+30
1605国際石油開発帝石10078978,900
1655iS500米ETF2832,400679,332+124
1656iSコア米国債券7-10年ETF252,51262,800
1659iS米リート ETF1711,964335,886+44
1660MXS高利回りJリートETF39,08027,240+1
2374セントケアHD10082282,200
2515NF外国リートETF180948170,680+50
2517MXSJリートコアETF109059,050+10
2914JT2002,824564,800
3455ヘルスケア&メディカル投資法人1135,500135,500
6178日本郵政1001,370137,000
6356日本ギア20049899,600
6366千代田化工建設0-100
7990グローブライド2002,528505,500
8012長瀬産業1001,600160,000
8058三菱商事1002,187218,700
8267イオン1001,734173,400
8570イオンFS2002,183436,600
8591オリックス1001,738173,800
8697JPX1001,715171,500
8963インヴィンシブル投資法人447,636190,544+1
9324安田倉庫200857171,300
9364上組1002,469246,900
9434ソフトバンク1001,500150,000 
合計6,334,453
買付金額増減+688,495
2020年6月末のポートフォリオ

上の表は2020年6月末のポートフォリオで、増減枚数と買付金額増減は2020年3月末からの増減となります。

この3カ月はETFを中心にコツコツ買い付けていきました。今は非常に割安と考えて、貯蓄も切り崩しながら投資しています。

いつか配当金で生活することを夢見ながら、これからも頑張っていきます。