固定ページ

ソフトバンク(9434)から配当金と短期売買、先週比の資産推移(2020/6/12現在)

日本時間6月12日のNYダウが-6.90%の大幅下落し、VIX恐怖指数は40.79まで上昇しました。コロナバブルと言われるように、実体を伴っていない株高だったので売りが売りを呼び、一気に調整したという感じでしょうか。日本市場に関しては原油安、円高傾向と悪いことは重なるいつもの展開でしたが、寄り底に終わり、終わってみれば日経平均は-0.75%と軽傷で済みました。

VIX恐怖指数に関しては以下の記事でも紹介してます。合わせてお読みください。

NYダウ先物、日経平均先物も上昇しており、加熱した株高が一瞬冷やされたというところです。しかし、実経済はまだまだ回復していないので、株式市場はマネーゲーム主導の動きに左右されてしまう感じでしょうか。来週も気を抜かずに戦っていこうと思います。

そんな中、今週はソフトバンク(9434)から配当金が入金されました。

*スマホの方は横画面にしていただけると見やすくなると思います。

銘柄株数一口当たりの配当金配当金
9434ソフトバンク100口42.5円4,250円

ソフトバンクはIPOで購入した銘柄で、上場初日のあの暴落には焦りました(同じ思いをされた方は多くおられると思います)。しかし今年も1円ですが増配で連続増配となる予定です。今は上場時の株価(1,500円)に達しておらず含み損ですが、ソフトバンクというか通信業ってやっぱり安定しているなと思います。いつか、1,500円で買えたことが安いと思える日が来るといいなと思ってホールドしています。

今週のスイングトレード損益

今週は7,594円の利益(税引き前)でした。
2020年4月から始めて、現在までに22,095円(税引き前)の利益です。
auカブコム証券のフリーETFであるiS J リートETF(1476)やiS TOPIX ETF(1475)、iS米国リートETF(1659)、iS S&P500米国株ETF(1655)をメインにトレードしています。
これに加えて今週は、国際石油開発帝石(1605)、インヴィンシブル投資法人(8963)もトレードしました。
トレードのセンスはありませんので少額(自己資金27万5千円)の資金で回しています。
得られた利益は長期配当金再投資用の資金に回します。

また、長期保有目的でETFも買い増ししました。

*スマホの方は横画面にしていただけると見やすくなると思います。

銘柄購入口数購入単価合計口数平均取得単価
1659iS米REIT ETF5口1,929円134口2,004円

コツコツ買い増して、将来のキャッシュフローを太くしていきます。

続いて先週比の資産推移です。

*私の場合、売買益や配当金が発生したときに即座に再投資されたものとしているので自己資金投資額が減少する計算にしています。 含み損益が良くなるか不労所得を得ることで成績は良くなります。

先週より評価額から自己資金投資額を引いた金額(現在儲かっている金額)は161,860円減少して、-366,329円になりました。なかなかプラス圏まで届きません。いつ回復するのでしょうか。

評価額と自己資金投資額の積み上げ面グラフです。黄色の評価額青色の自己資金投資額を上回っていることが理想です。

明日株価が上がるか下がるかわからないけれど、市場に居続ければ必ず勝てると信じていますので、来週からもへこたれず、頑張っていこうと思います。