固定ページ

配当金の入金と短期売買、先週比の資産推移(2020/6/5現在)

6月5日の日経平均は5連騰し、終値は2月21日以来約3カ月半ぶりの高値となりました。直近1週間(6月1-5日)で1,000円、2週間では2,300円超の上昇となっています。今週は調整するだろうと思っていましたが予想が外れました。やはり市場を読むことは不可能だと改めて思いました。

香港や新型コロナウィルスを巡る米中対立の懸念や、黒人男性の死亡事件を受けた米国内での抗議デモ拡大など悪材料があるものの、株価はほとんど下落せず上昇基調を維持していることに少々疑問を抱いています。

ニューヨーク州の経済活動再開への期待と円安傾向が進んでいることが株価上昇のアクセルになっていると思うのですが、そもそも世界の新型コロナウィルス新規感染者数は増加を続けていて終息する兆しが見えません(下図)。来週はメジャーSQも控えており、今度こそ調整するだろうと考えています。

ヤフージャパン 新型コロナウイルス感染症まとめ より

6月は3月期決算の会社の配当金の多くが入ってきます。早速配当金が入ってきました。

*スマホの方は横画面にしていただけると見やすくなると思います。

銘柄株数一口当たりの配当金配当金
1557SPDR S&P 500 ETF3口133円399円
7990グローブライド200株35円7,000円
合計7,399円

6月はまだまだ配当金が入ってくる予定です。楽しみです。

今週のスイングトレード損益

今週は5,893円の利益(税引き前)でした。
2020年4月から始めて、現在までに14,501円(税引き前)の利益です。
auカブコム証券のフリーETFであるiS J リートETF(1476)やiS TOPIX ETF(1475)、iS米国リートETF(1659)、iS S&P500米国株ETF(1655)をメインにトレードしています。
これに加えて今週は、国際石油開発帝石(1605)、千代田化工建設(6366)、インヴィンシブル投資法人(8963)もトレードしました。
トレードのセンスはありませんので少額(元本20万円くらい)の資金で回しています。
得られた利益は長期配当金再投資用の資金に回します。

また、長期保有目的でETFも買い増ししました。

*スマホの方は横画面にしていただけると見やすくなると思います。

銘柄購入口数購入単価合計口数平均取得単価
1476iSJリートETF2口1,753円25口1,806円
1550MXS外株ETF10口2,457円60口2,353円
1659iS米REIT ETF1口1,847円129口2,007円

コツコツ買い増して、将来のキャッシュフローを太くしていきます。

続いて先週比の資産推移です。

*私の場合、売買益や配当金が発生したときに即座に再投資されたものとしているので自己資金投資額が減少する計算にしています。 含み損益が良くなるか不労所得を得ることで成績は良くなります。

先週より評価額から自己資金投資額を引いた金額(現在儲かっている金額)は183,364円増加して、-204,469円になりました。

評価額と自己資金投資額の積み上げ面グラフです。黄色の評価額青色の自己資金投資額を上回っていることが理想です。

明日株価が上がるか下がるかわからないけれど、市場に居続ければ必ず勝てると信じていますので、来週からもへこたれず、頑張っていこうと思います。