固定ページ

各種ETFから配当金と短期売買、先週比の資産推移(2020/5/22現在)

新型コロナウイルスの感染拡大によって発令された、緊急事態宣言が5月21日、大阪、京都、兵庫の2府1県で解除されました。一方で、首都圏の東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県と北海道では解除を見送ることになりましたが、完全解除までもう少しの所に来ています。

しかしアフターコロナの世界では、このコロナショック時にすっかり根付いたテレワークというのはごくごく一般的になってくるのでしょうか。私は製造業のサラリーマンということもあり出社しないと仕事にならないのですが、実際にテレワークをされた方はどのように感じているのでしょうか。もしテレワークが根付いてくるなら通信業界はより盛り上がりそうですし、鉄道業界は煽りを受けそうですね。でも育児などで出社しての仕事ができない時に、在宅勤務を許可する会社が増えればいいですよね。そうなればコロナショックもある意味良い面もあったかなって思えます。

そんな中、今週も配当金が入ってきました。

*スマホの方は横画面にしていただけると見やすくなると思います。

銘柄口数一口当たりの分配金分配金
1660MAXIS高利回りJリートETF3口96円288円
1595NZAM JリートETF20口19円380円
1656iSコア米国債券7-10年ETF25口17円425円
合計1,093円

しかし少額です。食費一日分と言ったところでしょうか。

今までは毎月配当金が欲しいために、指数が被っているETFでも色々と買ってきましたが、概ね買い集めたのでこれからは口数を増やすことに注力していきます。

今週のスイングトレード損益

今週は1,410円の利益(税引き前)でした。
2020年4月から始めて、現在までに6,554円(税引き前)の利益です。
auカブコム証券のフリーETFであるiS J リートETF(1476)やiS TOPIX ETF(1475)、iS米国リートETF(1659)、iS S&P500米国株ETF(1655)をメインにトレードしています。
トレードのセンスはありませんので少額(10万円くらい)の資金で回しています。
得られた利益は長期配当金再投資用の資金に回します。

続いて先週比の資産推移です。

*私の場合、売買益や配当金が発生したときに即座に再投資されたものとしているので自己資金投資額が減少する計算にしています。 含み損益が良くなるか不労所得を得ることで成績は良くなります。

先週より評価額から自己資金投資額を引いた金額(現在儲かっている金額)は138,214円増加して、-668,348円になりました。評価損益がついにマイナス100万円台を脱しました。

評価額と自己資金投資額の積み上げ面グラフです。黄色の評価額青色の自己資金投資額を上回っていることが理想です。

損をしている金額自体は半分程度まで回復しました。このままプラス圏まで頑張ってもらいたいです。

明日株価が上がるか下がるかわからないけれど、市場に居続ければ必ず勝てると信じていますので、来週からもへこたれず、頑張っていこうと思います。