固定ページ

S&P500米国株ETFの追加購入と先週比の資産推移(2020/1/31現在)

中国の国家衛生健康委員会は新型のコロナウイルスによる肺炎の患者が新たに2,102人増え、11,791人になったと発表しました。死亡した人の数も46人増え、259人に上っているということです。一方、感染が疑われる人は17,988人いるとしています。

中国では2日から、旧正月の「春節」に合わせた大型連休が終わるため帰省先などから都市部に戻るUターンが本格化していて、人の移動に伴う感染の拡大が懸念されています。

このようなことから特効薬でも開発されない限り、急な好転を望むことは難しく、沈静化まではかなりの日数を要するのではないかと思います。

経済的にも色々と報道されているように、旅行制限による日本のインバウンド産業に大きなダメージが出ています。

また例えば、アメリカの大手IT企業アップルは中国にある店舗を今月9日まで臨時休業すると発表し、オーストラリアは入国前の2週間以内に中国に滞在歴のある人の入国を禁止することを決めました。

NYダウも週間最終日に今年最大幅となる603ドル下落し、VIX恐怖指数も18.84と20に近づいており、来週からも厳しい相場が続きそうです。

逆にとらえれば安く買い増すチャンスでありますので、来週も何か買い増したいと思います。

VIX恐怖指数を用いた、購入/売却タイミングの決定方法について、以下の記事も書いているので、合わせてお読みください。

続いて売買記録です。今週はiシェアーズS&P500米国株ETF (1655)を証券口座に残っていたわずかな資金を使って2口だけ買いました。来週も下がると思うので、もうちょっと後にしてからにすれば良かったと思っています。

*スマホの方は横画面にしていただけると見やすくなると思います。

銘柄購入口数購入単価合計口数平均取得単価
1655iシェアーズS&P500米国株ETF 2口2540円72口2596円

続いて先週比の資産推移です。

*私の場合、売買益や配当金が発生したときに即座に再投資されたものとしているので自己資金投資額が減少する計算にしています。 含み損益が良くなるか不労所得を得ることで成績は良くなります。

先週より評価額から自己資金投資額を引いた金額(現在儲かっている金額)は66,765円減少して、+150,191円になりました。

評価額と自己資金投資額の積み上げ面グラフです。黄色の評価額青色の自己資金投資額を上回っていることが理想です。

明日株価が上がるか下がるかわからないけれど、市場に居続ければ必ず勝てると信じていますので、来週からもへこたれず、頑張っていこうと思います。