固定ページ

iシェアーズ米国リートETF(1659)の概要や分配金について

2020年5月18日

米国への投資に関しては株式ETFとリートETFを株価が割安になったと直感的に思ったときに随時買い増ししております。

米国リートETFに関してはiシェアーズ米国リートETF(1659)を中心に買い増しております。買付単価が低く円建てで購入できることから、すでに個人投資家の皆様に人気かと思いますが、改めて記事で紹介させていただきます。

米国の人口推移について

人口の増減は経済の根幹となる部分です。人口が増えれば、仕事をして土地を買い、家を買い、家具を買い、さらに家族を増やすというように経済的にプラスのサイクルとなります。人口が増加すれば経済は発展し、反対に人口が減少すれば経済は縮小すると単純に考えています。

総務省統計局/世界の統計2019より作成

上記のように2020年を基準に考えると2050年には日本の人口は約81%になり、内部需要も縮小し労働力も低下していくことから経済が縮小していくと考えられます。米国の場合は約117%に増加し、経済は発展していくと考えられます。同じ期間で見ると先進国の中ではオーストラリアが130%に増加します。米国は増加率では劣るものの、2050年にオーストラリアは約3,300万人、米国は3億8000万人と規模感は10倍以上あるので、人口増加による内部需要と労働力の増大による経済効果は米国の方が大きいと思います。

iシェアーズ米国リートETF(1659)のポートフォリオ

iシェアーズ米国リートETF(銘柄コード:1659)は、米国のリート市場を代表する「FTSE Nareit Equity REITs インデックス(TTM 円建て)」の動きに連動する投資成果を目指します。

FTSE Nareit Equity REITs インデックス(TTM 円建て)は、ニューヨーク証券取引所またはナスダックに上場するすべての不動産投資信託(REIT)から構成されており全158銘柄になります。当指数は、米ドルベースで計算されるFTSE NAREIT Equity REITs イン デックスの前日の終値を円建てで計算したものです。

上位10銘柄の保有比率は以下の通りです。

*スマホの方は横画面にしていただけると見やすくなると思います。

不動産投資信託投資対象保有比率
プロロジスPLD物流施設5.38%
サイモン・プロパティー・グループSPGショッピングモール5.26%
エクイニクスEQIXデータセンター4.52%
パブリック・ストレージPSA小型倉庫3.77%
ウェルタワーWELL高齢者用住宅・医療関連不動産3.53%
アバロンベイ・コミュニティーズAVBアパート3.03%
エクイティ・レジデンシャルEQR複数世帯住宅用不動産2.97%
ベンタスVTR高齢者用住宅・医療関連不動産2.62%
デジタル・リアルティ・トラストDLRIT関連不動産2.62%
リアルティ・インカムO商業用不動産2.32%

調べてみるまで知らなかったのですが、米国ではデータセンターやIT関連不動産専門で投資しているリートがあるのですね。ITで世界をリードしている米国の特徴でしょうか。

iShares US REIT ETF Factsheetより

また業種別投資内訳で見ますとホテル・宿泊セクターへの投資は少なくヘルスケアセクターの比率は割と多めです。

以下の図は参考にJリート保有不動産の用途別比率です。

2019年12月末時点 (注)取得価格ベース (出所)不動産証券化協会

日本のJリートにはオフィスや商業施設、住宅が多く、ヘルスケアはわずか1%でデータセンターやIT関連不動産セクターを専門に投資しているリートはないと思います。

概要

2020年1月14日現在の概要は以下の通りです。

設定日は2017年9月27日でまだ新しいETFです。

*スマホの方は横画面にしていただけると見やすくなると思います。

純資産総額 10,971,520,612円
発行済み口数 4,859,151口
取引値(2020/2/14現在)2,334円
取引単位1口
分配頻度(確定日) 毎年2月9日、5月9日、8月9日、および11月9日
分配金支払日確定日翌月の17日前後
信託報酬(税抜き)0.20% 以内

1口から購入出来て2000円程度から米国の不動産へ投資できるので、投資資金の少ない私でもハードルは低くなります。また、年4回分配金が貰えることから投資を続けるモチベーションも保ちやすいです。

分配金

現在までの分配金です。

権利確定日1口当たり分配金
2020年5月9日11円
2020年2月9日19円
2019年11月9日13円
2019年8月9日6円
2019年5月9日15円
2019年2月9日6円
2018年11月9日46円
2018年8月9日19円
2018年5月9日14円
2018年2月9日3円

2020年5月18日現在の価格1,551円ですと過去1年間の利回りは3.15%です。最近は10円前後の分配金ですが、46円だったこともあります。設定日からの日が浅く、また為替の影響も受けるためまだまだ安定していません。

長期的にみると不動産価格も上がっており、円安に振れる可能性が高いと考えていることから、今のうちからコツコツと買い増していきます。