固定ページ

2019年末のポートフォリオと資産推移(2019/12/30現在)、年間受取配当金

2020年1月10日

12月30日の大納会をもって2019年の取引は終了いたしました。

日経平均の終値は23,656円で年末終値としては1990年以来、29年ぶりの高値を付けたそうです。

この時期になるとニュース等で「景気が回復しているか」の街角インタビューを皆様も見たことがあると思います。決まり文句のように「不景気だ」「景気が良くなっているのを実感しない」などの回答を見ますが、投資をされている皆様におかれましては今年はほとんどの方が株高の恩恵を受けたのではないでしょうか。

私にとっても今年は受取配当金の増加と含み損益の改善で一年前よりも成績は良くなりました。

2019年末の資産です。

*私の場合、売買益や配当金が発生したときに即座に再投資されたものとしているので自己資金投資額が減少する計算にしています。 含み損益が良くなるか不労所得を得ることで成績は良くなります。

先週金曜日より評価額から自己資金投資額を引いた金額(現在儲かっている金額)は22,988円減少して、+181,722円になりました。

評価損益が良くなったとは言えマイナスなので、投資のセンスがないことは確かです。しかし、利益を一部自動確定してくれる配当金によってトータルではプラスをキープしています。

配当金様様です。

評価額と自己資金投資額の積み上げ面グラフです。黄色の評価額が青色の自己資金投資額を上回っていることが理想です。

そんな私の2019年末のポートフォリオを記録しておきます。

*スマホの方は横画面にしていただけると見やすくなると思います。

 銘柄保有株数買付単価買付金額(円)
1343REIT-ETF10189318930
1348MXSトピックス30172351690
1476iSJリート231810.91304341651
1550MXS外株502331.8116590
1555上場Aリート2401593.875382530
1557SPDR500528823.8144119
1566上場EM債547860.4239302
1595NZAMJリート20179935980
1597MXSJリート10177317730
1656iSコア米国債券7-10年10248524850
1659iS米REIT1252021.624252703
1660MXS高利回りJリート2981519630
2374セントケアHD10082282200
2515外国リート130994129220
2914JT2002824564800
6178日本郵政1001370137000
6356日本ギア20049899600
6366千代田化工建設10028728700
7990グローブライド1003280328000
8267イオン1001734173400
8570イオンFS2002183436600
8591オリックス1001738173800
8697JPX1001715171500
9324安田倉庫200856.5171300
9364上組1002469246900
9434ソフトバンク1001500150000
合計4238725

色々な銘柄に手を出しています。集中投資ではないので大きく負けることも勝てることもありませんが、安定して資産を増やしていけると思い込んでいます。また様々な銘柄に実際に身銭を切っていることで、市場全体の動きにも個別株の動きにもなんとな~く分かってくる気がしています。2020年はそのなんとな~くの力で利益を得られればいいなと思います。

2020年もどんどん買い増していきます。

投資を始めてからの年別配当金です。

2019年の受取配当金は前年比の3倍以上と大幅アップしております。2018年に結婚して2馬力になったことと、貯金からの振り替えで投資元本を増やしたことで配当金もアップしました。

2020年はこれほどのアップは出来ないものの、確実に増やしていきます。