固定ページ

JT(2914)、SPDR500(1557)から配当金と先週比の資産推移(2019/9/6)

今週は9月2日に日本たばこ産業(2914)、9月5日にSPDR500(1557)から入金がありました。

銘柄口数1口当たりの分配金分配金
2914日本たばこ産業20077円15400円
1557SPDR S&P 500 ETF3137円411円
合計15811円

*スマホの方は横画面にしていただけると見やすくなると思います。

今週はJTから配当金の入金があったことにより私にとって嬉しい収入となりました。毎週とまではいきませんが毎月配当金が入ってきますので、含み損状態でもいつか利益が出せるのではないかと思えますので精神的に楽になります。これも再投資に回して、お金に働いてもらおうと思います。

また、米国株式に投資しているSPDR500からも少額ですが入金がありました。

米国へのリートと株式投資について私なりの考え方も記事にしております。合わせてお読みください。

続いて先週比の資産推移です。

*私の場合、売買益や配当金が発生したときに即座に再投資されたものとしているので自己資金投資額が減少する計算にしています。 含み損益が良くなるか不労所得を得ることで成績は良くなります。

先週より評価額から自己資金投資額を引いた金額(儲かっている金額)は31,530円増加して、-61,995円になりました。3週連続で回復しました。多少評価損益が良くなったことと、私にとって多額の分配金が入ったことで成績が良くなりました。

また、投資を始めてから累計の配当金が10万円を超えました。20万、50万、100万を目指して粛々と元本を増やしていきたいと思います。

今週は5日に米中貿易協議の開催合意が決まり、リスク資産への警戒感が薄れたことから、日経平均は大幅に回復しました。また本日、米労働省が発表した雇用統計は景気動向を示す非農業部門の就業者数は前月から13万人増加したが、伸び鈍化は2カ月連続で雇用拡大ペースの減速基調を改めて示しています。来週はどちらに動くのか分かりませんが、大きく下げたタイミングがあれば逃さず投資したいと思います。

評価額と自己資金投資額の積み上げ面グラフです。黄色の評価額青色の自己資金投資額を上回っていることが理想です。

こうやってグラフにすると配当金によって自己資金投資額が減って含み損益が改善していることが視覚的に分かりますのでやっていて楽しいです。皆さんもグラフにして見える化してはいかがでしょうか。

明日株価が上がるか下がるかわからないけれど、市場に居続ければ必ず勝てると信じていますので、来週からもへこたれず、頑張っていこうと思います。