固定ページ

グローブライド(7990)を100株新規購入、業績推移や配当金、今後の見通し

2019年8月16日

2019年7月23日にグローブライド(7990)を100株新規購入いたしました。買付単価は3280円です。本日の終値は3230円で、さっそく含み損ですが、非常に好きな釣り具ブランドを展開しているので、買えただけで満足しているところはあります。

釣り具世界シェアNo.1の『DAIWA』を展開

個人的ではありますが、私は海釣りが大好きです。一カ月に数回は行っていますが、仕事がなければ毎日行きたいです。

さて、グローブライドは釣り用品、ゴルフ用品、テニス用品、サイクルスポーツ用品等の製造・販売を手掛けています。中でも「ダイワ」で世界展開している釣り具用品では世界シェアNo.1の座に君臨しています。多くの日本企業が競争力を落としている中、投資家目線からしても非常に頼もしい企業です。

ちなみに世界シェアNo.2はアブ・ガルシアなどを展開しているピュアフィッシング( 米国のニューウェルブランズ傘下 )、世界シェアNo.3はシマノ(7309、こちらは自転車部品で世界首位)です。

グローブライドの業績推移

グローブライドHPより

業績は順調に推移しています。

グローブライドHPより

部門別セグメント別でみると、フィッシング事業の構成比が87.5%と売り上げのほとんどを稼ぎ出しています。フィッシング事業は順調ですが、ゴルフ事業・スポーツ用品事業は横ばいか少し数字を落としているようです。

グローブライドHPより

地域別の売上データを見てみると日本での売り上げはほぼ横ばいで、北米・欧州・アジア・オセアニアでの売上が増加しています。30%強を海外で稼いでおり、少しずつですが海外比率が上がっております。今後人口が減っていく日本ではなく、海外の売り上げ構成比が上がっていることは良いことだと思います。

2020年3月期の業績予想

グローブライドHPより

売上高等は順調に増加予想ですが、1株当たりの当期純利益は低下する予想です。

配当金について

グローブライドHPより

今期の予想配当は65円で、私の買付金額に対する配当利回りは税引き前で1.98%となる予定です。また配当性向は30%台とまだまだ伸びしろがありそうです。配当金は2015年3月期の一株当たり40円から5円ずつ上げています。下の表のように2018年5月に策定した中期経営計画では2021年3月期の配当金を70円としており、さらに増配する計画なので是非達成していただきたいと思います。

グローブライドHPより

株主優待について

グローブライドHPより
グローブライドHPより

グローブライドは株主優待もあります。私の100株では3年未満で1000円のクオカード、3年以上で2000円を設定しています。釣り具メーカー感満載の釣りキチ三平の絵柄になっています。今から非常に待ち遠しいです。私の買付金額ですとクオカードも含めた総合利回りは税引き前で2.28%となります。

釣り好きの私から見たダイワ

釣りをしている人ならだれでも知っているダイワ。私が子どもの頃はなんとなくシマノがNo.1の釣り具メーカーなのかなと感じていましたが、今では完全にダイワが逆転している感じで私もよく使っています。たまに遊漁船にのると皆さんダイワのウェアを着てダイワの釣り具で釣りをしています。それが一種のステータスとなっているようです。市場に次々と投入してくる新製品はどれも素晴らしいもので、他の追随を許しておりません。また、昔の釣り具メーカーではなかったようなスタイリッシュな服などアパレル部門もかなり力を入れている感じがして、それが特に若者の取り込みに成功しているように思います。

今後も、釣り好きを楽しませてくれる商品を開発しているグローブライドを末永く応援したいと思います。